センジュ出版

「本の学校」にてお話しさせていただきます。


IMG_9394【来月3日は「本の学校」にて文屋さんとお話しします】
 
本の未来を考えるNPO法人「本の学校」さんにお声がけいただき、
出版産業シンポジウム 2017 in 東京の「神保町で 本の“いま”を 語ろう~」の分科会にて、文屋の木下さんとお話しさせていただきます。
 
神保町ブックフェスティバル期間中、みなさんのお越しをお待ちしております。
以下、「本の学校」サイトより抜粋。
 
●日時 2017年11月3日(金・祝)  12:30~17:45
主催:特定非営利活動法人 本の学校
後援:日本書店商業組合連合会 書店新風会 日本書籍出版協会 日本雑誌協会 日本出版インフラセンター 出版文化産業振興財団 版元ドットコム 日本出版学会 専修大学文学部
 
⇒第4分科会 16:15~17:45
「出版はどこででもできる~ローカルパブリッシャーのすすめ~」
 
日本では多くの情報が東京に集まり、出版物も東京から発信されることがほとんどでした。
しかし、最近では東京以外の地域で出版社を創業したり、東京ではあっても都心ではなく、地域社会に根ざした形での出版活動を行う人々が出現しています。
ネットという新しい情報流通網の登場によって、むしろ出版活動が「中心」から自由になったということなのかもしれません。
こうした「ローカル」に根を下ろした出版の楽しさと可能性に迫ります。
パネリスト:木下豊(文屋)、吉満明子(センジュ出版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SENJU PUBLISHING
book cafe
SENJU PLACE