センジュ出版

ポトラ、盛況のうちに終わらせていただきました!


こんにちは、スタッフの吉田です。

3/2,3に行われた、本が好きな人による本のお祭り『ポトラ』ですが、運営の方々や様々な出展者様の方々や、そうして、ご来場いただいた皆さまのおかげで、盛況のうちに終わらせていただきました!

本当に、お祭りという言葉に、偽りなしでした!

出展者は個人出版社様ばかりなので、各ブースにはそれぞれ、丁寧に作られた独自性のある作品ばかりが集まっていました。

割り当てられたブースの、限られたスペースの中で、手持ちの商品をどう並べるかで、出版社様の特色がみられます。

ある方は、まるで見ている方々にしずけさを与えるように、本を、整然と、余白をもって並べられていました。

また、一片の隙間もないほどブースに所狭しと本を並べ、熱量を伝えてくる方も、いらっしゃいました。

開始時間から、だんだん、お客様が増えてきて、場内が騒然としてくると、比例して、場内のエネルギーも増加してきます。

一日目、12時になって、下北沢のタイ料理店『ティッチャイ』の料理長・みゆき隊長率いるジャグバンド『ソムタムタイムス』の演奏が始まりました。

そのときの楽しさを、そのまま切り取って、今、この場で貼り付けたいくらいに、楽しかったです。

ライブ中、弊社代表・吉満さんの隣には、ポトラの発起人である小説家の田口ランディさんが座っていました。

ソムタムタイムスによるザ・ピーナッツ『恋のバカンス』のカバーが始まったとき、お二人とも、もう、座っていられず、歌詞を口ずさみながら、踊り始めてしまいました。

その、お二方の可愛らしいお姿といったら!

二日目には、センジュ出版のセッションが2つ、開かれました。

吉田はその間、セッションの場にはおらず、少し離れたブースで物販をしていました。

ゆえに、当日の具体的な内容は知らないのですが、遠くからも、その、雰囲気が、時折、伝わってくるようでした。

1つ目は、ポトラに出店する女性一人立ち上げ出版社(タバブックス・夕書房・おむすび舎・センジュ出版)による対談。

弊社代表・吉満さんのFacebook曰く、「途中からパンクやロックの話にもなっ」たそうで、遠くから度々、お客様の笑い声が聞こえてきました。

やっぱり、起業される方々というのは、どこか、パンクロックの要素を持っているということなのでしょうか・・・?

2つ目は、直前の情報解禁となった、プロデューサーの西田二郎さんと、お笑い芸人のマキタスポーツさんと吉満さんによる『スナック明子』形式での講演です。

ぼくが対談の場から離れたブースで、本の売り方や、並べ方について考えていたとき、遠くから、おそらく西田二郎さんによる、絶叫のような語りが聞こえてきました。

まるで、その声を耳にしたぼくたちの心を根こそぎかっさらって、空の、夜だったら月が見えるあの辺りへと吹き飛ばしてしまう、具体的に何を言っていたのかがわからなくとも伝わってくる、熱い、魂のメッセージでした。

対談後、マキタスポーツさんの書籍販売&サイン会となり、ぼくがお会計役で、テレビでしか観たことがないマキタさんと隣り合わせとなりました。

人当たりが良く、本当に優しかったマキタスポーツさん。

しかし、それと同時に、内に秘めた凄まじい何かが、何とはなしに、感じられてきました。

『一億総ツッコミ時代』などの名著を産み出された複雑な思考の入り交ざり、長渕剛さんと桑田佳祐さんの歌唱を交互にくり返されながら両者の歌がだんだん折り混ざっていく名作歌ネタ『いとしのエリーに乾杯』に代表される、職人的な芸を産み出した、その、源泉が感じられるようでした。

皆さまのお陰で、盛況のうちに終わることができました。

ご来場いただいた皆さまや、センジュ出版のFacebook等々を通して、ポトラの雰囲気を感じて下さった皆さま全てに、感謝を申し上げます!

また、どこかのイベントで、皆さまにお会いできることを楽しみにしております。

もちろん、SNS等の発信で、肌触りを感じていただけることも、とても幸せに思っております。

***

スナック明子では、スナック明子の “オフィシャル” おつまみということで、岩塚製菓様から『えびカリ』を4ケース、無償でご提供していただきました! 

千住版から引き続き、いつも、本当にお世話になっております!

また、岩塚製菓様の、ほろよい気分でゴクゴクぽりぽりしているときにのんびり眺めてほしいサイト『大人のぽりぽりクラブ』のリンクも貼らせていただいております。

飛んでいただくと、言葉でなかなか書き表せられないほどに絶妙に、肩の力が抜けてくる、本当に、ほろよい気分のときに読みたいサイトです。

サイトの中の「ぽりッ」ボタンは、まるでプチプチくんつぶしのようなストレス解消となるので、オススメです!

○大人のぽりぽりクラブ https://otona-poripori.com

***

それでは、またどこかでお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です