センジュ出版

『子どもたちの光るこえ』1万部発行記念 著者&編集者 トークランチ produced by センジュのがっこう


イベント詳細



『子どもたちの光るこえ』1万部発行記念 著者&編集者スペシャルトークショー

センジュ出版の3冊目の書籍

『子どもたちの光るこえ』(香葉村真由美著)


ごく少人数のスペシャルな「シークレットランチ会」として内容改め開催させていただくことになりました。

お申込いただいた人数が予想よりだいぶ下回った為、ごく少人数のスペシャルな「シークレットランチ会」として内容改め開催させていただくことになりました(11月22日時点)。

お集まりいただいた皆さまとも距離感が近く、アットホームな会になるのではと予想されます。
既にお申込・ご入金がお済みのお客様へは先行でお席をご案内させていただきましたが、あと若干名、お席がございます。

そしてなんと、今回は真由美先生と吉満からご参加の皆さま全員への感謝の気持ちとして、スペシャル対談動画のシークレットURL、さらには真由美先生のDVDをプレゼントさせていただくとの事。対談形式のパーティーではなくなってしまいましたが、直接お話しできるこの機会はまたとないチャンス。

今までお聞きになりたかったことや、お伝えしたかったことなど是非この機会に直接お話しください。

*お申込は先着順で締め切らせて頂きます。
*ご参加希望の方は弊社通販サイトのページから必要席数をカート購入お願いいたします(下に商品ページのリンクがございます)。
*料金は据え置き、会場場所やお料理内容にも変更はございません。
*11時お食事スタートです。会場にはなるべく10分前までにご着席ください。

予定していた「一万部発行記念 著者と編集者のスペシャルトークショー」ですが、また時期を改めて開催させていただく予定です。

今回ご都合の合わなかった方も、またの機会をどうぞお待ちください。

【お申込・お支払い】
こちらの商品ページからカート購入手続きをお願いいたします。
定員になり次第、「SOLD OUT」、カート購入が出来なくなります。

https://senju-pub.shop-pro.jp/?pid=146863723

センジュ出版 予約担当:岡田

 


この本には、当時福岡の小学校で教師を務めていた一人の女性が実際に教室で体験した、子どもたちの健気で、切なくて、愛おしい実話が記されています。

子どもの心の奥に潜む、本当の「こえ」を聞くと、
それはそれは泣けてきます。
混じりっけなく、噓いつわりなく、まっすぐに、ただただ
「愛されたい」
とのこえが聞こえてくるからです。

学校一の問題児と言われた男の子の涙、
声を出せなくなった孫娘をかばったおばあちゃん、
卒業後みずからいのちを絶った女の子が遺したメッセージ、
家族から暴力を振るわれた男の子のついたウソ、
交通事故でお父さんを亡くした男の子の願い。

生徒から「先生のクラスの生徒でよかった」と言われ、
教師から「先生のクラスの生徒になりたい」と言われる
名物先生の初書籍は、
発売から2年経ってもまだまだ多くの方の手に届き、
この度5刷をもって、発行部数が1万部に到達しました。

センジュ出版の一つの目標であった発行1万部。
書店さんからの注文を頂いてはじめて本をお送りしているセンジュ出版。
逆にセンジュ出版やセンジュ出版の本を知らない書店さんには、センジュ出版の本は置かれていません。

なのにこの本がほぼ返品もなくこの部数にたどりつけたことは、
本当に奇跡のようで、とても幸せなことです。

12月7日、真由美さんと私とで、二人のお話会を開きます。
この本がどうやって生まれていったのか、
その最中にそれぞれに起きていたこと、
そして、本が生まれた後に起きた出来事。

実はこの本は、本の中の物語とは別に、
出版されることで生まれた物語がありました。

そんなお話を、二人でゆっくり、皆さんにお伝えできたらと思います。

美味しいコース料理つきの3時間。
会場では特別サイン会も開催しますので、
本をお読みの方もまだの方も、
ぜひお誘い合わせの上、お越しください。

 


著者 香葉村真由美(かばむらまゆみ)

子どもたちの真実の物語を全国で伝え続け、「まゆみ先生」の名で慕われる、福岡市の元小学校教師。
クロフネカンパニー所属の講演家でもあり、作家、教育アドバイザーの顔も持つ。
月刊『致知』『みやざき中央新聞』などそのメッセージは数々のメディアに取り上げられ、2012年には陶彩画家・絵本作家の草場一壽氏によるドキュメンタリー映画『いのちのまつり 地球が教室』に出演。
2008年よりスタートさせた講師活動は現在全国で500カ所以上、延べ50000人以上の参加者を集める。

 

***

 

編集者 吉満明子(よしみつあきこ)

1975年福岡県生まれ。小学1年男児の母。日本大学芸術学部文芸学科卒業後、出版社や編集プロダクションにて広告・雑誌・書籍・WEB・専門紙など多岐に渡る編集を経験。編集長職や取締役を経て、2015年独立。

同年9月1日、足立区千住3丁目に「しずけさ」と「ユーモア」を大切にするちいさな出版社、株式会社センジュ出版を設立。


イベント詳細

2時間ほどのフレンチコース料理を堪能しながら
著者と編集者のスペシャルトークショー

開催日時

2019年12月7日㈯
11:00 – 14:00

場所

タピ・ルージュ
〒120-0034 足立区千住1-4-1
東京芸術センター20階
地下鉄日比谷線・千代田線
『北千住駅』1番出口 徒歩6分

スケジュール

10:40~ 受付開始  
11:00~ 乾杯・お食事 
12:30~ トークショー​
終了 14:00 
(その後サイン会あり)

会費​

中学生~大人  12,000円(税込)
小学生      5,000円(税込)
未就学児以下  2,000円(税込)
(お食事・フリードリンク込の料金です)

・料金にはお食事、お飲み物すべて含まれております。
・小学生のお子さまはフレンチミニコースになります。
・未就学児のお子さまはキッズプレートをご用意しております。

*当日は『読書のすすめ』さんによる書籍販売がございます。
 その他、オフィシャルグッズの販売あり。

60名様限定のため、お早めにお申し込みください。

お申し込み:https://senju-pub.wixsite.com/kinenparty1207

問い合わせ先:センジュ出版

TEL:03-6337-3926
mail:info@senju-pub.com)