センジュ出版史上最速で増刷決定!

「ロバート・ツルッパゲとの対話」
ワタナベアニ 著
定価 1800円+税
ISBN  978-4908586071
発行 センジュ出版
流通・決済代行 トランスビュー
2018年12月25日発売

サイズ  四六判変形
本文  216ページ
撮影 ワタナベアニ
装丁 ワタナベアニ + 松田行正 + 杉本聖士
校正 槇一八
組版 江尻智行
印刷 シナノ書籍印刷株式会社
製本 株式会社新広社

君たちに足りないのは哲学だよ。知らんけど。

国内外で活躍を続ける写真家・アートディレクターのワタナベアニ氏による初著書。海外と国内とを行き来する著者による、この国の「哲学」について。「自分がしたいことを考えず、与えられたことだけをこなして自分を騙してしまう。これが哲学の不在です」と、著者はそう語ります。私達はいま、自分に正直に生きているでしょうか。“大人の幼稚さを通過して、もう一度純粋な子どもの目を取り戻”したい、そんなあなたへこの本を贈ります。哲学の世界へようこそ。

購入はこちらから(Amazonへリンクします)


「ぼくとわたしと本のこと」
高原純一 + SUN KNOWS 著
定価 2000円+税
ISBN  978-4908586064
発行 センジュ出版
流通・決済代行 トランスビュー
2019年12月20日発売

サイズ  四六判変形
本文  280ページ
装画 田中海帆
編集協力 中村真純
校正 槇一八
組版 江尻智行
協力 前みづえ 吉田和音
印刷 シナノ書籍印刷株式会社
製本 積信堂

わたしたちの20年に、本があった。

東京・自由が丘にキャンパスを持つ産業能率大学経営学部。2018年、高原純一ゼミに所属した21人の学生たちが1冊の本を書きました。本好きもいれば本を読まなかったメンバーもいるこの21人、彼らが本と自分の関係を見つめ直したとき、見えてきたのはまぎれもない「本」そのものです。全員が紹介するオススメの本とその理由も必読。活字離れとも言われ続けている若い世代がいま、本を書くことで何をおもったのか、本や本をとりまく環境に対してどう感じているのかが、正直でまっすぐな言葉で綴られています。ほかに高原教授のほか、江戸川区篠崎にある読書のすすめの小川貴史氏による寄稿も収録され、本のこれまで、いま、これから、を垣間見ることができる一冊です。

購入はこちらから(Amazonへリンクします)


「あの日ののぞみ246号」
中村文昭 著
定価 1800円+税
ISBN  978-4908586057
発行 センジュ出版
流通・決済代行 トランスビュー
2018年12月25日発売

サイズ  四六判変形
本文  216ページ
装画 小原一哉
装丁 天野昌樹
構成 諸星久美
校正 槇一八
組版 江尻智行
印刷・製本 中央精版印刷株式会社

あなたを愛しく思う気持ちが、俺の原動力。

高校2年の新道湧(しんどうわく)は、夏休みを利用して、大阪に自分の実力を試しに出かけていた。その帰りの新幹線「のぞみ246号」で、偶然隣り合ったのが、おっさん”アキさん”。作務衣に草履姿のそのおっさんに警戒心を丸出しにする湧だったが、全国を講演して回るというそのアキさんから聞かされた青春物語に、すっかり引き込まれてしまいーー。

サンマーク出版から発行のシリーズ本が累計20万部を超えるなど、全国に数多くのファンを持つ講演家・中村文昭氏の初小説

購入はこちらから(Amazonへリンクします)


「ハイツひなげし」
古川誠 著
定価 1800円+税
ISBN  978-4-908586-04-0 c0093
発行 センジュ出版
流通・決済代行 トランスビュー
2018年9月20日発売

サイズ  四六判変形
カバー トレーシングペーパー
本文  248ページ

校正 槇一八
装画  藤岡詩織
装丁 タキ加奈子(soda design)
印刷・製本 中央精版株式会社

小田島さんはみんなの光だった。

新宿から電車で50分。東京郊外に建つ「ハイツひなげし」は、家賃5万円、6畳の和室と小さなキッチン、トイレ、バス付きの部屋が10室入ったアパート。住人たちは一見ばらばらに見えて、8号室の小田島さんにいく度となく救われている。アパートから近い遊園地のヒーローショーでヒーロー戦隊の「ブルー」を演じる小田島さん。
マスクとスーツを脱いだ彼の存在は、紛れもなく、住人たちの、そしてみんなの、ヒーローそのものだったーー。

OZmagazine元編集長、初の書き下ろし長編小説。

購入はこちらから(Amazonへリンクします)


今年、NHK BSプレミアムで放送された地域発ドラマ、『千住クレイジーボーイズ』
多くのリクエストにより、2017年8月25日、関東甲信越圏においてNHK総合テレビで放送決定!

出演者に塚本高史、小池徹平、比嘉愛未、北村有起哉など豪華メンバーを揃え
脚本を描いたのは、宮本亜門、青木豪といった一流演出家の舞台の脚本も手がけ、
今、小劇場界で熱い注目を集める新進気鋭の劇作家、高羽彩

この高羽彩さんの脚本を、
千住在勤の新人作家・諸星久美さんが素敵な小説に仕上げてくださいました。

今年の都内住みたい街ランキングでは17位の過去最高位、
穴場な街ランキングでは堂々の3年連続首位、
この2~3年で人気が高まったと思う街ランキングでも3位となった足立区・千住は、
今、ドラマや情報番組の撮影、雑誌の特集取材なども数多く、注目の集まるまち。
なぜここまでその魅力が取り上げられるのか、
理由の全てがこの物語に詰まっています。(と言っても過言ではありません)

千住の歴史、魅力、物悲しさ、笑い、温かさ。
高羽さんはじめドラマスタッフのみなさんが
何度も何度も現地取材を重ねて練り上げた『千住クレイジーボーイズ』には、
実在する場所、店舗、エピソードが散りばめられ、
まるでノンフィクションかのような出来栄え。
ドラマを見て、ぜひ本作もお読みください。

小説のほうにはドラマに描ききれなかった世界も
しっかりと表現されていて、本当におすすめです。
足立のみなさま、もちろん、区外のみなさまも、どうぞよろしくお願いいたします。

「千住クレイジーボーイズ」クレイジーボーイズ書影
高羽彩 作

諸星久美 ノベライズ

定価 1900円+税
ISBN 978-4-908586-03-3 c0093
発行 センジュ出版
2017年8月25日発売
サイズ 四六判変形
本文 224ページ

装画 得地直美
装丁 松田行正・杉本聖士
撮影 依田佳子
校閲 櫻井健司
協力 松本康一・吉川和宏・望月章雄
印刷 弘和印刷株式会社

NHK地域発ドラマの人気作品をノベライズ。
「意地の張りどころ。間違えんじゃねぇよ」
かつては一世を風靡したものの今や人気ガタ落ちのアラサーピン芸人・恵吾。
貯金は底をつき、家も追い出され、昔組んでいた漫才コンビ「クレイジーボーイズ」の相方・行(ゆき)が住む東京足立区・北千住エリアの家に転がり込む。
そこで出会うのは、シングルマザーや、元ヤンキーの床屋や、銭湯のダンナら、個性豊かなまちの面々。
そのおせっかいさに恵吾は「ぬるい」「ダサい」と突っかかりトラブルばかり。
しかし、そんな人たちに触れるうち、恵吾の日々に変化が生まれて……。
自身のプロデュースユニット「タカハ劇団」で全作品の作・演出を手掛けると共に、宮本亜門、青木豪といった一流演出家の舞台の脚本も手がけ、今、小劇場界で熱い注目を集める新進気鋭の劇作家。他の脚本作品にNHK FM青春アドベンチャー「屋上デモクラシー」、CXアニメ「サイコパス」など。
ノベライズ 諸星久美(もろほしくみ)

20294166_10213410539800571_7759115344341364749_n

1万部突破!
「子どもたちの光るこえ」

香葉村真由美 著
定価 1800円+税
ISBN  978-4-908586-02-6 c0095
発行 センジュ出版
流通・決済代行 トランスビュー
2018年9月20日発売

サイズ  四六判変形
本文  246ページ

イラスト 藤岡詩織
装丁 天野昌樹

校閲 槇一八
編集協力 岡田寛子

印刷 中央精版印刷株式会社

教室で実際に起こった、子どもたちの物語

学校一の問題児と言われた男の子の涙、
声を出せなくなった孫娘をかばったおばあちゃん、
卒業後みずからいのちを絶った女の子が遺したメッセージ、
家族から暴力を振るわれた男の子のついたウソ、
交通事故でお父さんを亡くした男の子の願い。

生徒から「先生のクラスの生徒でよかった」と言われ、
教師から「先生のクラスの生徒になりたい」と言われる、
福岡の名物先生、初書籍。

著者の登場する映画はこちら

「クレヨンハウス通信」vol.443に『子どもたちの光るこえ』を掲載いただきました。
クレヨンハウス通信

購入はこちらから(Amazonへリンクします)


いのちのやくそく表1画像

3刷
「いのちのやくそく なんのためにうまれるの?」

池川明・上田サトシ 著
定価 1800円+税
ISBN  978-4-908586-01-9 c0095
発行 センジュ出版
流通・決済代行 トランスビュー
2016年7月3日発売

サイズ  四六判変形
カバー トレーシングペーパー
本文  240ページ

校閲 櫻井健司
イラスト 江頭路子
編集協力 須川奈津江
装丁 齋藤知恵子

印刷 シナノ書籍印刷

すべてのママに贈る、

子どものいのちからのメッセージ。

胎内記憶の第一人者・池川明氏と、
アメリカで魂の助産師として母子の声を聴き続けた
世界初の男性スピリチュアルミッドワイフ・上田サトシ氏による共著。
赤ちゃんが生まれるその日までに知っておきたい、
この世に赤ちゃんが生まれてくる理由。
お腹の赤ちゃんの声(胎内記憶)とママのしずけさ(瞑想)の中に、
実はそのヒントがありました

いのちのやくそくを知れば、ママも赤ちゃんも、
不安やストレスにしばられることがありません。
すべてのママへ贈る、しずけさの中で手にしてほしいハートフルな一冊です。

購入はこちらから(Amazonへリンクします)


unnamed

3刷
「ゆめの はいたつにん」

教来石小織 著
定価 1800円+税
ISBN  978-4-908586-00-2 c0095
発行 センジュ出版
流通・決済代行 トランスビュー
2016年2月22日発売

サイズ 四六判
タイトル箔押し 仮フランス装上製 天アンカット
本文 240ページ

校閲 櫻井健司
イラスト Ryoojing
構成 今富夕起
装丁 平林亜紀(micro fish

印刷 シナノ書籍印刷

目次・奥付をこちらから見ることができます。

目次、奥付
著者はWorld Theater Projectを展開するNPO法人CATiCの代表で、
カンボジア農村部の子どもたちをはじめ、世界各国の子どもたちに
現地の言葉に吹き替えたアニメ映画を届ける活動をされています。
この本は、著者が人生につまづいたことをきっかけに生まれたちいさな一人の夢が
いつしか多くの人を巻き込んで、みんなの大きな夢になっていく
一本の映画のようなノンフィクションストーリーです。

Yahoo!ニュースに掲載されました。

書籍の内容に触れた動画はこちら。

NHKジャーナルのミニ・ビブリオバトルコーナーにて紹介されました

紹介者丸山さんのコメント一部抜粋。
「私はこの本を読んで、何度泣きそうになったかわからないほどに、

 その言葉の一つひとつが胸に刺さって抜けなくなるんです。
 しかもその刺さった言葉たちが熱を持って、
 またその刺さった人を動かすためのエネルギーとして働き出すような、
 そんな美しい言葉で綴られた本になっております」

***

映画には、人生を変える力がある。

ごく普通の派遣事務員だった著者はある日、
カンボジア農村部の子どもたちに映画を届けるNPOのリーダーになった。
声が小さく統率力もまったくない著者が、なぜ後に「新しい社会貢献」と呼ばれる活動を
立ち上げ、広げることができたのか。
その背景には、効率を優先する社会の中で、さまざまな苦悩を抱えていた
若く優秀なメンバーたちが、彼女とカンボジアの子どもたちとに出会ったことで
人生を取り戻していく、あたたかな物語があったーー。
ひとりのちいさな夢がみんなのおおきな現実になる、一本の映画のようなノンフィクション。

***
本書の売上の一部はNPO法人CATiCの活動費として寄付されます。

購入はこちらから(Amazonへリンクします)



お問い合わせは
info@senju-pub.comまで。