「本」と「まち」の、ものがたり
しずけさとユーモアを
10月16日開催!第14回読書てらこや 聞く読書編 テーマ:ほぐす

【 “課題図書のない” 読書てらこや開催のお知らせ】

こんにちは、大変直近となってはしまいましたが、
10/16(土)午前に開催される第14回読書てらこやの告知をさせていただきます。
(※第13回分の告知を、こちらHPにてし忘れてしまいました・・・。13回分の詳細は、気になる方は以下よりご参照願います
今回の読書てらこやは、従来のように課題図書を事前に読んでいただく形式ではなく、
当日に小川さん(読書のすすめ)と吉満さん(弊社代表)の二人の、設けたテーマに関する “読書にまつわる話” を聴いていただき、
そこで参加者様が感じたことを、相互的に、言葉にしていただくという形式です。
読書てらこやは今回(第14回)以降、奇数月を従来通りの事前に課題図書を読んでいただく形式、偶数月は主催者2名のお話を聴いていただいたあと話し合う形式と、交互に変化していきます。
※参加費も、
奇数月は従来通り税込2,200円(+課題図書代2冊分)、
偶数月は税込4,400円(課題図書代はかかりません)
と変わっていきます。
第14回読書てらこやのテーマは[ほぐす]です。
事前に読んでいただく課題図書はありませんが、様々な「感じたこと」「考えたこと」を共有し合い、話し合うひとときとなることは変わりありません。
重ねてですが、直近の開催となりますので、お申し込みの際はお気をつけ下さい。
読書が好きな方も、そうではない方も、ご興味が湧きましたらぜひ、参加をお待ちしております!

「読書てらこや」とは?

東京都足立区にあるちいさな出版社、センジュ出版が2016年より毎月開催してきた既存サービス「文章てらこや」は自分の内面にある言葉を紡ぎ出すアウトプットの時間である一方、こちらの「読書てらこや」は、その対になるような、自分に問いをくれる本を読むインプットの時間をイメージしています。

毎月違うテーマに合わせた課題図書を読んで、あなた、そしてあなた以外の人がどう問いを立てたのか、それを分かち合い、読書をさらに楽しんでいただけたら。決して答えや正解は求めない、読書会のようなものです。

共催は、書店員さん自ら本を読み、対話を通しておすすめしてくださる江戸川区篠崎の本屋さん「読書のすすめ」の小川貴史さんです。

読書が好きな方も、興味がある方も。どんな方でも、どこにお住いの方でも、ご参加いただけます。


[第14回 読書てらこや テーマ]

テーマ

「ほぐす」

読書てらこやの受講方法

①Peatix(http://ptix.at/H3oemz)からチケットを購入してください。

②イベント視聴ページ(※)から配信URLをご確認ください。

③開催当日はZOOM(オンライン配信サービス)にてご参加ください。

(※)イベント視聴ページは、チケットのお支払い完了後より、注文履歴やPeatixがお送りするお申し込み完了メール、イベント開始24時間前に自動送信されるリマインドメールからアクセス可能です

開催日程

日程 10月16日(土)

時間 9時~12時

オンライン価格 1回 4,000円(税抜)
1年間(12回)連続でご参加いただいた方は、1回無料になります

注意事項

※当日は、数時間に渡るためお手元にお飲み物などをご準備ください。

※ご参加時、原則カメラとスピーカーは「オン」でご参加お願い致します。