「本」と「まち」の、ものがたり
しずけさとユーモアを
川をゆく風

まだまだ物の多い家ながら、掃除して、片付いていて、花がある。

2019年、「しずけさとユーモアを」の原稿を書いていたホテルで自分のそばに置いていたのは、アロマスチーム、コーヒーグラインダー、本。そして自分でも意外だったのが、花が足りないと感じて、花屋さんで小さな花瓶とブーケを買ったこと。

自分の気持ちが落ち着く何かを知っておくのは大切。

人に優しくあれる自分でいたい、少しでも。

そのために。

(センジュ出版代表 吉満明子)
LATEST