センジュ出版の企業本

使い捨ての本はつくらない。

センジュ出版が手がける企業カスタム出版は、
普遍的な企業価値、企業のブランドを、未来までつなげます

手に触れられ、後世にと遺っていく「本」。
その一冊が企業の未来を変えることもある。

企業の「過去」という財産を、語り継がれる「未来」への物語に。何年経っても色褪せない文章を大切にする、そんなセンジュ出版らしい本作りを希望される企業の方向けのサービスになっています。

なお、センジュ出版の書籍をお読みいただけますと、センジュ出版の本作りのイメージがわかりやすくなり、代表著書『しずけさとユーモアを』(エイ出版社刊)では、代表の本作りにかける思いを知っていただくことができます。

こんな方へ

  • 創業からの歴史、企業理念、サービス紹介、ブランドブックなどを本にまとめたい
  • どのように作れば魅力が伝わるのか悩んでいる
  • 書店流通にこだわらず、届くべき場所に届く本を作りたい
  • 手触り含めた、デザインや装丁にこだわりたい

過去実績(一部)

林寅彦製作委員会様「すっぴん」

夫が守ったのは、包むことの、やさしさでした。
(帯より抜粋)

林寅彦製作委員会様よりお受けしたカスタム編集は、好評により増刷し、朗読劇など、永く愛される本のひとつとなりました。


企業本・カスタム出版のお問い合わせはこちらから