「本」と「まち」の、ものがたり
しずけさとユーモアを
本と過ごす